東京の有名な建築物

関口教会

東京で気になった建物をご紹介

関口教会

関口教会の大聖堂は第二次世界大戦の時に一度全焼してしまいましたが、多くの人の協力により再建されました。昭和38年丹下健三氏の設計により、起工。特徴的なカーブで八面のコンクリートの壁を垂直に近く立てた構造で、天井をみると大十字架となっています。この聖堂ではカトリック教会の最高の祈りであるミサが行われる場所であります。ミサは誰でも参加する事ができるものです。週日決まった時間にお祈りをしてキリスト様に良い知らせを伝えます。

2016/10/24 05:59:04